糖尿病の合併症を防ぐ食事療法の献立例

  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性神経障害

と呼ばれています。

これが三大合併症でとても恐れられているものです。

まず糖尿病性腎症について紹介します。

糖尿病性腎症が起きるのは10年以上高血糖が続いていると、高血糖が腎臓の血管に悪影響を及ぼし、タンパク質が濾過できなくなって血中に大量にタンパク質が漏れてしまうというネフローゼの症状をきたします。

そしてそれを過ぎてしまうとさらに腎臓機能が低下して腎不全になり人工透析を週3回程度行わないといけなくなります。

この場合死亡するリスクも高くなり非常に重大な病気です。

糖尿病性網膜症


糖尿病性網膜症というのは網膜の血管の出血てしまう病気で、糖尿病の状態が発症してから5年以上経つとだんだんと血管が壊れてきてきてしまいます。

そうすると出血が多くなり失明してしまうことがあります。

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害程度は血糖が高い状態が続くと、比較的早く起きやすい症状で一番合併症の数としては多いものです。

まず全身に様々な症状が現れます。

まず体の冷えが起こったり感覚がおかしくなったりピリピリしたりそして下痢や便秘といった自律神経の出張も起こります。

これは感覚神経だけではなく体の中の自律神経にも影響を及ぼすのはあまり知られていません。

感染症が治りにくくなる糖尿病になると感染症が治りにくくなるという症状が起こります。

そして虫歯などの症状が悪化したり傷口が塞がりにくくなる病気が治りにくくなるというような免疫力の低下も起こります。

そして動脈硬化が一緒に進んでいきます。

食べ過ぎやインスリンの摂りすぎによって動脈硬化が起こり、コレステロールが血管に沈着し動脈硬化を引き起こしそれが心臓病や脳梗塞などの原因になることがあります。

つまりいろいろな生活習慣病の原因になるのです。

 

糖尿病の重さの判断

基準糖尿病が重症か軽症かというのは合併症がどのくらいあるかで判断されます。

インスリン療法を行っている人は重症で薬や運動療法だけをしている人は軽症だと自分で思い込んでいる人もいるようですが、そんなことはありません。

インスリン療法をしていないから一気に合併症が進んでしまうなど重症になってしまうこともあります。

逆にインスリン情報がきちんと行われていて高血糖がコントロールされていれば住所にはなりません。

ですので、注射を怖がってインスリン療法を行っていないと飲み薬の治療より悪くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

a運動療法より食事療法の方が糖尿病の予後には影響が大きいです。

これまでに10年間経過を観察してわかったことですが、食事療法いい加減にしている人と運動療法をいいかげんにしている人では食事療法をでたらめにした人の方が予後が悪いことが多かったです。

糖尿病の食事というのは健康的な食事のことです。

何か特別な制限された食事ではなくエネルギーを一人一人の必要な量に合わせてとるだけの健康的な食事と何ら変わりありません。

つわり健康な人がダイエットする時に食べる食事と同じで体重を普通に保ち栄養をとることは糖尿病の食事療法です。

ですので、タンパク質やカリウムを控えないといけない腎臓病の方の病人食と異なり普通の食事を行っていけばいいのでやり方としては簡単です。

しかし捕食が必要な場合捕食が必要な場合もあります。

補色というのはインスリンを打っていて血糖値が良くなった時に甘いものを急に食べて急いで血糖値を上げないといけない場合など命に危険がある時に食べないでいけない食事です。

それ以外に低血糖予防するためにスナックや捕食といった感触を食べることで適度に血糖コントロールする必要がある場合もあります。

食事療法をするのにあたって心構え食事療法を成功させるが失敗してしまうかというのは自分自身の意思の強さによります。