糖尿病の合併症を防ぐ食事療法の献立例

  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性神経障害

と呼ばれています。

これが三大合併症でとても恐れられているものです。

まず糖尿病性腎症について紹介します。

糖尿病性腎症が起きるのは10年以上高血糖が続いていると、高血糖が腎臓の血管に悪影響を及ぼし、タンパク質が濾過できなくなって血中に大量にタンパク質が漏れてしまうというネフローゼの症状をきたします。

そしてそれを過ぎてしまうとさらに腎臓機能が低下して腎不全になり人工透析を週3回程度行わないといけなくなります。

この場合死亡するリスクも高くなり非常に重大な病気です。

糖尿病性網膜症


糖尿病性網膜症というのは網膜の血管の出血てしまう病気で、糖尿病の状態が発症してから5年以上経つとだんだんと血管が壊れてきてきてしまいます。

そうすると出血が多くなり失明してしまうことがあります。

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害程度は血糖が高い状態が続くと、比較的早く起きやすい症状で一番合併症の数としては多いものです。

まず全身に様々な症状が現れます。

まず体の冷えが起こったり感覚がおかしくなったりピリピリしたりそして下痢や便秘といった自律神経の出張も起こります。

これは感覚神経だけではなく体の中の自律神経にも影響を及ぼすのはあまり知られていません。

感染症が治りにくくなる糖尿病になると感染症が治りにくくなるという症状が起こります。

そして虫歯などの症状が悪化したり傷口が塞がりにくくなる病気が治りにくくなるというような免疫力の低下も起こります。

そして動脈硬化が一緒に進んでいきます。

食べ過ぎやインスリンの摂りすぎによって動脈硬化が起こり、コレステロールが血管に沈着し動脈硬化を引き起こしそれが心臓病や脳梗塞などの原因になることがあります。

つまりいろいろな生活習慣病の原因になるのです。

 

糖尿病の重さの判断

基準糖尿病が重症か軽症かというのは合併症がどのくらいあるかで判断されます。

インスリン療法を行っている人は重症で薬や運動療法だけをしている人は軽症だと自分で思い込んでいる人もいるようですが、そんなことはありません。

インスリン療法をしていないから一気に合併症が進んでしまうなど重症になってしまうこともあります。

逆にインスリン情報がきちんと行われていて高血糖がコントロールされていれば住所にはなりません。

ですので、注射を怖がってインスリン療法を行っていないと飲み薬の治療より悪くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

a運動療法より食事療法の方が糖尿病の予後には影響が大きいです。

これまでに10年間経過を観察してわかったことですが、食事療法いい加減にしている人と運動療法をいいかげんにしている人では食事療法をでたらめにした人の方が予後が悪いことが多かったです。

糖尿病の食事というのは健康的な食事のことです。

何か特別な制限された食事ではなくエネルギーを一人一人の必要な量に合わせてとるだけの健康的な食事と何ら変わりありません。

つわり健康な人がダイエットする時に食べる食事と同じで体重を普通に保ち栄養をとることは糖尿病の食事療法です。

ですので、タンパク質やカリウムを控えないといけない腎臓病の方の病人食と異なり普通の食事を行っていけばいいのでやり方としては簡単です。

しかし捕食が必要な場合捕食が必要な場合もあります。

補色というのはインスリンを打っていて血糖値が良くなった時に甘いものを急に食べて急いで血糖値を上げないといけない場合など命に危険がある時に食べないでいけない食事です。

それ以外に低血糖予防するためにスナックや捕食といった感触を食べることで適度に血糖コントロールする必要がある場合もあります。

食事療法をするのにあたって心構え食事療法を成功させるが失敗してしまうかというのは自分自身の意思の強さによります。

血糖値を下げる、肥満解消、糖尿病の食事療法の基本

糖尿病の治療方法を見る前になぜ治療するのかという目的について考えたいと思います。

まず治療の目的は血糖値を正常にすることです。

血糖値を正常にして高血糖の状態を解除します。

なぜ血糖値を高くしてはいけないかというと高血糖で昏睡のお家行ってしまうような意識レベルが低下する症状が起こるからです。

もう一つは血糖値が少ない状態で維持すれば体に負担がかからないからです。

体に負担をかけると合併症を起こします。

この合併症をするということがとても糖尿病の治療としては大切な事なのです。

治療方法には色々な方法があります。

しかし食事療法と運動療法が中心です。

そして薬での治療も行います。

風邪の時は総合感冒薬を飲めば治りますが、糖尿病の場合はこの薬を飲めば誰でも治るというわけではありません。

病気の進行状態や肥満の状態そしてインスリンの分泌能力やインスリン抵抗性があるかどうか年齢や遺伝の具合などによっても様々に変わってきます。

その中で結構重要なのが食事療法と運動療法です。

この二つは薬両方していない形でも必ずしないといけません。

そして薬を使った治療方法をしていても食事と運動をしっかり行っていないと効果が出ません。

血糖というのは自分で測る装置もあります。

ですので、初期で血糖が増減が激しいときはそのような機械を使って測っていくことも大切です。

食事療法

食事療法というのはまず肥満を解消することです。

体の中に余計なカロリーがたまらないようにすることです。

つまり緩やかなダイエットでバランスの良い食事をとってダイエットするということがメインになります。

運動療法

運動療法というのは消費カロリーを増やすのが目的です。

消費カロリーを増やすことで血糖値を下げることができます。

というのは筋肉などで血糖が使われて血糖値が低下するからです。

運動療法は年齢や性別などで様々に変わってきますが、一番一般的に行われているのが歩くという運動です。

歩くという運動は体に負担がない2効果的にブドウ糖を消化することができて糖尿病の治療にはとても良いものです。

1日30分程度あることを1日二回行うというのが理想です。

例えば通勤時間などに一駅分か2駅分歩くというだけでも30分歩くことは簡単にできます。

薬物療法
薬物療法は食事療法や運動療法をやってもなかなか血糖値が下がらない場合に行う治療方法です。

薬物療法には

経口血糖降下剤療法を飲んで血糖値を下げる薬を飲むという方法と
インスリンを注射するという方法の二つの種類があります。

大人に起こる糖尿病2型糖尿病の場合このような血糖下げる薬を飲みます。

これは10歳などで発症するインスリン依存型の糖尿病では行いません。

この薬を飲むことで血糖値を下げることができますが、だからといって食事療法を怠っていいということではありません。

口から飲むタイプの血糖下げる薬は膵臓からのインスリンの分泌を促してくれます。

ですので、それで血糖値を下げることができるようになります。

しかし成人の血糖が高い場合でも口から飲む薬でなかなか治らない場合はインスリンを打つという方法に切り替えることがあります。

インスリン療法というのは血糖値を低下させるホルモン剤を直接注入する方法です。

インスリンは注射をすることでしか体に入れることが出来ないので自分で注射をすることになります。

そしてこのホルモンは強烈に血糖を下げる効果があるので、食事療法に合わせて低血糖などの副作用が起こらないように注意して行う必要があります。

インスリン療法の変化最近ではインスリン療法の変化も現れてきています。

昔は厳格に1日3回の食事時間は持って1日1回の注射で行うこともあったのですが、最近では1日4回インスリンを打って食事のタイミングが厳しくないなど従来型の難しい食事療法が必要なくなってきています。

糖尿病の合併症

糖尿病はほったらかしていると高血糖によって合併症が起こります。

これは必ず起こりますので、血糖を必ず下げないといけません。

高血糖の状態をずっと続けているとどんな症状が起きるんでしょうか。

まず3つの臓器に障害を誇ります。

それは目と神経と腎臓です。

緑内障の予防をする食べ物・食事療法

緑内障は眼圧が上がってし神経がおかしくなってしまう病気です。

対処方法としては眼圧を下げるという方法があります。

緑内障はそもそも眼球の圧力が増えてしまって次第に視力がなくなってしまう病気です。

急性の緑内障と慢性的な緑内障がありますが、中年お年寄りに多いのは慢性の緑内障。

でゆっくりと進行して行きます。

緑内障を予防するのに効果的な食べ物

六内症を予防するのに効果的な食べ物にはビタミンb12があります。

ビタミンb12cフラボノイドは眼圧を下げる働きがあるとされています。

これはあさりや牡蠣レバーなどにたくさん含まれています。

ビタミンcやフラボノイドは緑内障に対する作用以外の作用もありますので、合わせてとると効果的です。

緑内障に良くないのはストレスやカフェイン

ですので緑内障と慢性的な緑内障と診断されたらストレスを下げてカフェインをなるべく減らさないといけません。

また高血圧や糖尿病などの生活習慣病も緑内障にダメージを与えますので、注意する必要があります。耳の聞こえが悪くなる難聴高齢になってくると難聴がひどくなってきます。

難聴体が耳の聞こえが悪くなることで言葉の聞き取り能力が落ちることもませています。

耳の中にはいろいろな原因があって耳が聞こえなくなりますが、脳の血行が不十分なとみみの状態は良くても耳の聞こえが悪くなります。

年を取って耳が聞こえなくなっている症状は老人性難聴といわれていて耳の老化自体は40代からもうすでに始まっています。

最初は高い音が聞こえにくくなるのですが、特に日常生活で困ることはありません。

しかし下の方の音が聞こえにくくなってくると日常会話に影響が出てきて何度も聞き返すなど会話が難しくなってきます。

それ以外に音を聞こえていても何をいっているのか理解できなかったり言葉を聞き取る能力が落ちてくるのは老人性難聴の特徴です。

老人性難聴良くする食べ物老人性難聴良くする食べ物としては脳の血行良くするipaやdhaなどの魚の油がいいといわれています。

動脈硬化は血行悪くする病気ですから、難聴赤させることになりますですので、動脈硬化も合わせで防いで行かないといけません。

そして研究データーの中では脳への血流を良くすると耳の聞こえが良くなるという研究結果もあります。

耳の聞こえ良くする食べ物

としては脳への血流を良くする食べ物がポイントになります。

イコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸このような油には血管を広げて血液をサラサラに流しやすくしてくれる効果があり脳の血流が良くなり耳の聞こえが良くなるということにもつながります。

家を固まりにくくする作用もあるので血液がよく流れ耳の聞こえの悪さにさらに効果的です。

ipaは大きな魚や青魚に多く含まれています。

そして銀杏に含まれている物質も難聴に良いとされています。

イチョウの葉などをお茶にして飲むことで耳の聞こえをある程度改善することができるので試してみると良いでしょう。
髪の毛が白くなる白髪は老化の代表的な症状の一つでしょう。

白髪はなぜ起こるのでしょうか。

白川老化現象の一つで髪の毛の色素を作る細胞の数が減ったり細胞の働きが鈍ることによって発生します。

色素を作る細胞が弱ってしまうのは血行不良や栄養不足紫外線を浴びすぎるなどのことは原因で起こります。

若い人で白髪になる人がいますが、それは遺伝的な影響割れています。

糖尿病とアルツハイマー病と食事療法

睡眠を正しく取るアルツハイマー病と認知症にかかった人の多くは昼寝をする習慣があるという調査がありました。

高齢になると夜眠れなくなってラジオなどをついつい聞いてしまうことがあります。

それで昼間についつい居眠りをするなど睡眠のバランスが崩れます。

アルツハイマーを食事で予防

睡眠が悪いと海になってうつ病になったり体に良い影響を与えませんので、正しい睡眠リズムが必要です。

頭を動かして老化防止頭を動かす例えば考える読む話す聞くなどの頭を使うことをすると脳の活動が活発になり前頭葉が老化して縮むのを防ぐことができます。

そうすることで認知症や痴呆症などの病気を防ぐことができます。

例えば読書して日記をつける新聞読むテレビを見て感想書くなど頭を使うこと有効です。

丁寧を迎えると頭を使うことが一気に減ってしまいます。

それで目標が失われて無気力になってしまったり漠然と日々を過ごすようなことが多いと思います。

ですのでそこならないようにボランティア活動をしたり熱中できることを見つけたりして頭が老化しないようにしましょう。

役に立つサイトを紹介しましょう。

糖尿病治療食宅配

 

目の老化年を取ってくると目が見にくくなってきます。

目が疲れやすくなって長時間読書の通していると目が痛くなりそして中心部が見えにくくなる加齢性黄斑部変性症などの病気になったりすることがあります。

目が疲れやすくなってきたしょぼしょぼするというのは老眼の初期症状でそれは目のレンズにあたる水晶体が機能が低下して起きてくる現象でだんだんと近くのものが見えにくくなります。

そして童顔以外にも歪んで見えたり物が霞んで見えるチカチカするなどの症状が出てくることがあります。

だんだんそういうことが起こる頻度が増えていきます。

視野全体が白く霞んで見える症状は白内障の症状で真ん中だけが消えて見えてしまうのは黄斑部変性症ご飯部変性症の可能性があります。
目の働きを良くする食べ物目の働きを良くする食べ物があります。

ビタミンaビタミンbが入っている食べ物を食べると目の老化をすることができます。

なぜかというとビタミンaは目の粘膜や角膜の乾燥を防いでくれて網膜の健康を保ってくれて視力の回復に効果があるからです。

カロテンが黄斑部変性症の予防に効果的

だという緊急もあります。

ビタミンaはレバーやうなぎなどの動物性食品に入っているほか人参や小松菜などのカロテンにも含まれています。

ビタミンb1は神経の働きを正常にしてくれる効果が知られていてイライラしている時に飲むと良いという他目の健康を保ってくれます。

レバーや牛乳にはビタミンb12が含まれています。

これは角膜を保護して目のしょぼしょぼやカサカサを防いでくれます。

ビタミンcはみかんやいちごブロッコリーといった植物園の食品に多く入っていてかすみの症状に効果があります。

ビタミンeは活性酸素を沈めて抗酸化作用する成分がありブロッコリーやかぼちゃなどに含まれていて効果的です。
白内障は水晶体が濁って目が見えにくくなる病気で原因には抗酸化作用がある成分がゆうこといわれています。

白内障の原因

活性酸素の働きも関与していて年齢である程度の白内障が進むことは仕方ないことですが、水晶体全体に広がると視力が大幅に落ちてしまいます。

活性酸素が原因ということですから、抗酸化作用のある食べ物が有効になります。

例えばカロテンやビタミンcビタミンeなどが白内障を良くしてくれるというデータもたくさん報告されています。

特にビタミンcは有効で水状態を活性酸素の働きから守ってくれると考えられています。
ではビタミンcはどこに入っているんでしょうか。

ビタミンcはいかんやじゃがいもなどの物質に含まれています。

正しいビタミンcを食べるときに注意点があって熱を加えると聞いてしまうという現象が起こりますので、なるべく加熱しないで南石が取れるようにすることが必要です。

そしてビタミンeについてですが、見た目は緑黄色野菜やうなぎなどに含まれていてビタミンcと併用すると効率よく働くといいます。

そして抗酸化物質のひとつであるアントシアニンもブルーベリーに含まれていて目の白内障を良くするのに効果的です。

ブルーベリーの育て方