緑内障の予防をする食べ物・食事療法

緑内障は眼圧が上がってし神経がおかしくなってしまう病気です。

対処方法としては眼圧を下げるという方法があります。

緑内障はそもそも眼球の圧力が増えてしまって次第に視力がなくなってしまう病気です。

急性の緑内障と慢性的な緑内障がありますが、中年お年寄りに多いのは慢性の緑内障。

でゆっくりと進行して行きます。

緑内障を予防するのに効果的な食べ物

六内症を予防するのに効果的な食べ物にはビタミンb12があります。

ビタミンb12cフラボノイドは眼圧を下げる働きがあるとされています。

これはあさりや牡蠣レバーなどにたくさん含まれています。

ビタミンcやフラボノイドは緑内障に対する作用以外の作用もありますので、合わせてとると効果的です。

緑内障に良くないのはストレスやカフェイン

ですので緑内障と慢性的な緑内障と診断されたらストレスを下げてカフェインをなるべく減らさないといけません。

また高血圧や糖尿病などの生活習慣病も緑内障にダメージを与えますので、注意する必要があります。耳の聞こえが悪くなる難聴高齢になってくると難聴がひどくなってきます。

難聴体が耳の聞こえが悪くなることで言葉の聞き取り能力が落ちることもませています。

耳の中にはいろいろな原因があって耳が聞こえなくなりますが、脳の血行が不十分なとみみの状態は良くても耳の聞こえが悪くなります。

年を取って耳が聞こえなくなっている症状は老人性難聴といわれていて耳の老化自体は40代からもうすでに始まっています。

最初は高い音が聞こえにくくなるのですが、特に日常生活で困ることはありません。

しかし下の方の音が聞こえにくくなってくると日常会話に影響が出てきて何度も聞き返すなど会話が難しくなってきます。

それ以外に音を聞こえていても何をいっているのか理解できなかったり言葉を聞き取る能力が落ちてくるのは老人性難聴の特徴です。

老人性難聴良くする食べ物老人性難聴良くする食べ物としては脳の血行良くするipaやdhaなどの魚の油がいいといわれています。

動脈硬化は血行悪くする病気ですから、難聴赤させることになりますですので、動脈硬化も合わせで防いで行かないといけません。

そして研究データーの中では脳への血流を良くすると耳の聞こえが良くなるという研究結果もあります。

耳の聞こえ良くする食べ物

としては脳への血流を良くする食べ物がポイントになります。

イコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸このような油には血管を広げて血液をサラサラに流しやすくしてくれる効果があり脳の血流が良くなり耳の聞こえが良くなるということにもつながります。

家を固まりにくくする作用もあるので血液がよく流れ耳の聞こえの悪さにさらに効果的です。

ipaは大きな魚や青魚に多く含まれています。

そして銀杏に含まれている物質も難聴に良いとされています。

イチョウの葉などをお茶にして飲むことで耳の聞こえをある程度改善することができるので試してみると良いでしょう。
髪の毛が白くなる白髪は老化の代表的な症状の一つでしょう。

白髪はなぜ起こるのでしょうか。

白川老化現象の一つで髪の毛の色素を作る細胞の数が減ったり細胞の働きが鈍ることによって発生します。

色素を作る細胞が弱ってしまうのは血行不良や栄養不足紫外線を浴びすぎるなどのことは原因で起こります。

若い人で白髪になる人がいますが、それは遺伝的な影響割れています。