糖尿病とアルツハイマー病と食事療法

睡眠を正しく取るアルツハイマー病と認知症にかかった人の多くは昼寝をする習慣があるという調査がありました。

高齢になると夜眠れなくなってラジオなどをついつい聞いてしまうことがあります。

それで昼間についつい居眠りをするなど睡眠のバランスが崩れます。

アルツハイマーを食事で予防

睡眠が悪いと海になってうつ病になったり体に良い影響を与えませんので、正しい睡眠リズムが必要です。

頭を動かして老化防止頭を動かす例えば考える読む話す聞くなどの頭を使うことをすると脳の活動が活発になり前頭葉が老化して縮むのを防ぐことができます。

そうすることで認知症や痴呆症などの病気を防ぐことができます。

例えば読書して日記をつける新聞読むテレビを見て感想書くなど頭を使うこと有効です。

丁寧を迎えると頭を使うことが一気に減ってしまいます。

それで目標が失われて無気力になってしまったり漠然と日々を過ごすようなことが多いと思います。

ですのでそこならないようにボランティア活動をしたり熱中できることを見つけたりして頭が老化しないようにしましょう。

役に立つサイトを紹介しましょう。

糖尿病治療食宅配

 

目の老化年を取ってくると目が見にくくなってきます。

目が疲れやすくなって長時間読書の通していると目が痛くなりそして中心部が見えにくくなる加齢性黄斑部変性症などの病気になったりすることがあります。

目が疲れやすくなってきたしょぼしょぼするというのは老眼の初期症状でそれは目のレンズにあたる水晶体が機能が低下して起きてくる現象でだんだんと近くのものが見えにくくなります。

そして童顔以外にも歪んで見えたり物が霞んで見えるチカチカするなどの症状が出てくることがあります。

だんだんそういうことが起こる頻度が増えていきます。

視野全体が白く霞んで見える症状は白内障の症状で真ん中だけが消えて見えてしまうのは黄斑部変性症ご飯部変性症の可能性があります。
目の働きを良くする食べ物目の働きを良くする食べ物があります。

ビタミンaビタミンbが入っている食べ物を食べると目の老化をすることができます。

なぜかというとビタミンaは目の粘膜や角膜の乾燥を防いでくれて網膜の健康を保ってくれて視力の回復に効果があるからです。

カロテンが黄斑部変性症の予防に効果的

だという緊急もあります。

ビタミンaはレバーやうなぎなどの動物性食品に入っているほか人参や小松菜などのカロテンにも含まれています。

ビタミンb1は神経の働きを正常にしてくれる効果が知られていてイライラしている時に飲むと良いという他目の健康を保ってくれます。

レバーや牛乳にはビタミンb12が含まれています。

これは角膜を保護して目のしょぼしょぼやカサカサを防いでくれます。

ビタミンcはみかんやいちごブロッコリーといった植物園の食品に多く入っていてかすみの症状に効果があります。

ビタミンeは活性酸素を沈めて抗酸化作用する成分がありブロッコリーやかぼちゃなどに含まれていて効果的です。
白内障は水晶体が濁って目が見えにくくなる病気で原因には抗酸化作用がある成分がゆうこといわれています。

白内障の原因

活性酸素の働きも関与していて年齢である程度の白内障が進むことは仕方ないことですが、水晶体全体に広がると視力が大幅に落ちてしまいます。

活性酸素が原因ということですから、抗酸化作用のある食べ物が有効になります。

例えばカロテンやビタミンcビタミンeなどが白内障を良くしてくれるというデータもたくさん報告されています。

特にビタミンcは有効で水状態を活性酸素の働きから守ってくれると考えられています。
ではビタミンcはどこに入っているんでしょうか。

ビタミンcはいかんやじゃがいもなどの物質に含まれています。

正しいビタミンcを食べるときに注意点があって熱を加えると聞いてしまうという現象が起こりますので、なるべく加熱しないで南石が取れるようにすることが必要です。

そしてビタミンeについてですが、見た目は緑黄色野菜やうなぎなどに含まれていてビタミンcと併用すると効率よく働くといいます。

そして抗酸化物質のひとつであるアントシアニンもブルーベリーに含まれていて目の白内障を良くするのに効果的です。

ブルーベリーの育て方